2008年03月25日

投資対象の分散

円建ての現金や預貯金だけで持っていれば良かったのは過去の話で、今から25年位前迄は
利率がとても高く、10年もあれば倍近くになりました。
しかし、現在は"0金利政策"の真っ只中。
数年前の私の予想ではもうそろそろ金利が上昇しているのでは…、と思っていたのですが、
ライブドアから始まり、イラク戦争、サブプライムローン等上昇基調に入ろうとするとポキっと
折れてしまいます。
そのため、様々なものに資産を分散させることで、多少の危機回避に繋がります。
@現金や預貯金
A不動産・現物(金やプラチナ等)
B株式

最低でも以上の3つに分散させておく必要があります。
@は、生活の基本となる部分で、必要なときにすぐ使える流動性資産です。
Aは、国や銀行に危機が起こったとしても変わらぬ価値を保つ現物資産です。
Bは、普段から相場が激しく変動している資産ですが、インフレ局面などでは
株式相場はつられて上昇します。
posted by 2児のパパ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。